久々にHeath Ceramicに行くついでに、近くに何か美味しいブランチの店は無いかと思い探していたところ、見つけたのがここ Le Garage

Sausalito

ヨットなどが停泊してあるすぐ近くにあり、メインの道からは入った所にあるので、やや見つけにくい。

Le Garage @ Sausalito

待つこともあるという情報だったけど、今回は待たずにすぐに中に入ることができた。日曜であれば午後1時よりも前に来ればOK?

最初にでてきたパンは、Sourdoughながらも他とは少し違う味でついついいっぱい食べてしまった。

Le Garage @ Sausalito

注文したのは、

Deuf a la Coque
2 soft-boiled eggs and black truffle butter mouillettes served with
Serrano Ham, roasted potatoes and yellow chanterelle mushrooms.

Le Garage @ Sausalito


7 hour house-made ham sandwich
with roasted chanterelles, chestnut butter, St. Nectaire elles cheese and mizuna served with fries and aïoli.

Le Garage @ Sausalito

Deuf a la Coqueの方は、若干量が足りないながらも、ハム、キノコ、そして、トリュフバターのムエットが絶品。サンドイッチは、上品なチーズとハムのバランスが最高に良かった。Cibo以外にこれと言ったブランチの場所をSausalitoでは見つけられていなかったので、これで安心。これからもここに来よう。

このレストランはまさに海沿いなので、食べた後には景色も楽しめる。

Sausalito

Sausalito

肝心のHeathでは今回は収穫は無し。

最高に天気のいい日だったので、歩いて de young Museum へ行くことに。

もともとはBvlgari展に興味があったのだけど、せっかくなのでDavid Hockneyの展示も見てみたら、これがなかなか面白かった。

de Young Museum

de Young Museum

イギリス人でカリフォルニア在住。David Hockneyは人物画で有名らしいが、今回興味をもったのは主に風景画、それも故郷のYorkshireの景色を描いたもの。

同じ景色を様々な季節にわかり描いたシリーズも興味深く、中には複数毎のキャンバスを繋ぎ合わせた大作も。しかし、彼の面白いのはキャンバスにとどまらず、iPhone, iPadで絵を書いたり、以前に鉛筆画のものを高精度プリンターを使用して4倍に引き延ばして印刷したりしている点。

特に、iPadを利用した絵では、風景画が描かれて行く手順を見ることができるので、それが面白かった。

その後は de Young名物の塔に登ってみたが、なかなか見晴らしが良くこちらも満足。

de Young Museum

この近辺でこの高さの建物も無いので、ここでしか見れない光景もありそう。

View from de young Museum

View from de young Museum

View from de young Museum

今日の予定である de Young Museum に行く途中の昼ご飯に丁度良い場所にあるということ、今日はInner Richmond の Eats に挑戦。前を何度か通っていて行列が気になっていた場所。

Eats

Yelp等で行列の話を読んでいたのだけど、12時頃にいったのにも関わらず、着いてから10分で中に入れた。

今回注文したのは、まずは定番、Chicken And Waffles。キノコベースのグレイビーが独特、チキンもクリスピーで良い。

Eats

そして、Waffle Bacon。こちらは、ワッフルの下に敷かれたベーコンと上にのった目玉焼き、そしてピリ辛の唐辛子との相性が抜群。

Eats

美味しい上に、家からの距離と丁度良い、Zazieほどの待ち時間もない、そして食後には seed storeあたりをブラつけるので週末の定番になりそうな予感。

Eats

Eats


----------
Eats
50 Clement St, San Francisco, CA 94118
(415) 751-8000

雲が程よく出ていたためか、今日は夕焼け時にすごく綺麗な色に空が染まっていた。夜になり掛けの部分の碧と夕日の名残りがある菖蒲色の部分が良いバランス。

Beautiful Sky

恒例となりつつありダイニングテーブルのワックス掛け。

Waxed our table

前回は2011年の10月だったので、2年ぶり。できれば一年に一度はやりたいのだけど、この数年、2年に一度になってきてしまっている。

日焼けによる色褪せもそろそろ心配。特に椅子の背が褪せてきたので、椅子にもワックス。

相変わらず傷も増えているけど、それはそれでいい雰囲気を出し始めたので良しとする。

次回のワックス掛けの前には#800の紙ヤスリを買わないと。

年明けそうそう、懲りずにMission Pieへ。

店に入った瞬間は混んでいると感じたものの、長居する人が少ないのが、この店の特徴。皆パイを食べたら割とすぐに席を立ち店を出る。

そんな中、今回注文したのは、梨と檸檬を使った季節のパイ。

Pear Raspberry Pie
大粒の梨とラズベリーの相性が最高。すぐに食べきってしまってもったいないと思ってしまった。

Pear Raspberry @ Mission Pie

Lemon Shaker
砂糖漬けの檸檬がとにかく美味しいパイ。2度目だけど、何度も食べたくなる。

Lemon Shaker @ Mission Pie

コーヒーもシーズンにあわせていろいろと変わるし、比較的駐車もしやすいので、おすすめのパイレストラン。

元旦ワイン。

ボトルを開けた直後は、うーん2006年の方が遥かに良い、と思ったのだけど、しばらく時間を置くにつれ、完全に心をとらわれた一本。

もともとは、奥さんが2004/2005/2006のVertical 6本を購入した際の最後から2本目。

2004 David Bruce Santa Cruz Mountains Chardonnay

10年という月日で熟し得たキャラメル、蜂蜜、バター、そして微かなベリーの香り。味は比較的あっさりでSauvignon Blanc を思わせるが、後味は確実にChardonnayの蜂蜜を残している。2006年の片鱗も感じる。

ワインを飲み干した後も、いつまでもグラスの香りを楽しんでいたい一本。

ああ、これが二度と飲めないとは・・残念。
David BruceがPinot Noirだけでは無いということを改めて思わせられた。
セラーに残るは2006年のみ。

元旦

| | コメント(0) | トラックバック(0)

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

First Sunrise 2014

今年もアグレッシブにいろいろと面白いことに挑戦して行きます。

First Sunrise 2014

昨年までは初日の出はTwin Peaksで見ていたのだけど、あまりにも人が増えすぎたので、今年は近場で撮影。昨日の夕焼けといい、今日の初日の出といい、雲も少なく綺麗な写真を撮ることができた。

2014年 元旦。

大晦日

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今年もいよいよ最終日。

大晦日はのんびりと起きつつ、買い物をしたりして昼は忙しく過ごした。

恒例の2013年最後の夕日は、Rodeo Beachにて。昨年同様ビーチにて。

先日ここを訪れた時には霧であまりにも悲しい思いをしたのだけど、今回は初めて来た時同様の感動を味わえる景色だった。ここ、好きだなぁ。

2013 last sunset @ Rodeo Beach

車をビーチ沿いに駐車して、橋を渡り、ビーチへ。

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

思っていたよりも多くの人が大晦日にここのビーチに来て楽しんでいた。

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

こんな季節なのに、まだサーファーもいる・・。

2013 last sunset @ Rodeo Beach

次回は絶対にピクニックセットを持ってこよう。

そのうちに日が暮れ始めた。カリフォルニアらしい太陽の輝き。

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

間もなく2013年の太陽が沈む。

2013 last sunset @ Rodeo Beach

2013 last sunset @ Rodeo Beach

日が沈むと同時に拍手と歓声がおこるのはいかにもアメリカらしい。

年の最後を飾る夕日を今年も良い場所で見ることができて満足。

家に戻り、ややチーズをワインで軽めの夕食をすませ、年越し蕎麦と恒例の花火!

New Year Fireworks

2013年、最後に飲む記念すべきワインはこちら。

2011 m2 Wines Old Vine Zinfandel (Soucie Vineyard), Paso Robles.

2011 m2 Wines Old Vine Zinfandel

m2は2002年からワインを作っている比較的新しい小さなワイナリー。しかしながら、先日のLodi旅行でワインメーカーのLayne氏と話をしてわかったのだけど、ここはすごい。アメリカらしいZinfandelに関していろいろと意見はあると思うが個人的には好きな品種の一つだし、それからいいワインを作りだしているLodiの地域は素晴らしいと思う。

このワインも1916年に植えられたZinfandelの木からとれた葡萄でつくったもの。まさにOld vine。

2011 m2 Wines Old Vine Zinfandel

ボトルからそのままでは、まだ充分に開いていなかったけど、デキャンタージュすることで、華やかに丸みをおび、Old Vineのコクとキャラメル風味を感じることが出来る。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。